赤ワインの効いたシュトーレン


一昨日のレッスンより
これは2011年から続いている赤ワイン漬けのフルーツ・ナッツがごろごろ入っているタイプです。

ラム酒漬けやブランデー漬け、ワイン漬け・・・シュトーレンにはいろいろな洋酒を使うことも多いのですが私はアルコールが全くダメな体質なので、正直洋酒の味の違いは確かめられません
なので焼きあがったアルコールがほぼ飛んだものを少量味見するか、香りで判断するか、我が家の酒飲みに味見してもらうしかないのです笑

今日レッスン中に美味しいラムの話になったので、ふとそんなことを考えていました
パンはまだアルコール使用する頻度が低いですが、お菓子はよく使いますよね
洋酒の効いたお菓子を間違えて食べてしまう時がありますが、寝込みますね笑
なんだか損な体質です、美味しいものを食べ逃している気がする・・・


それはさておき、ご試食の時にカットした事前に焼いておいたシュトーレン
センターにローマジパン入れるの忘れました・・・すみません
a0164362_656883.jpg

このレシピはローマジパンを入れてちょうど良い食感になっていると思うので、みなさんのお持ち帰りのシュトーレンのほうがきっとおいしいと思います
今日か明日あたりお味見してみてくださいね

この日は朝、フィグ酵母のリュスティックを焼き上げてココットカマンのカルボナーラ風を乗せて簡単なランチタイムにしました
a0164362_6583043.jpg

a0164362_6591645.jpg

ずっとレッスンで使っていたカトラリー、スプーンを1本紛失してしまったので新調しました
クチポールのGOAシリーズです、ブラウンが良かったのだけど売り切れで、黒にしましたがあまり重い黒ではなかったので、何にでも合いそうで良かったです
a0164362_711272.jpg

一番大きいものではなく、このデザートフォークがちょうど良いサイズでした





*こちらをぽちっと応援クリックお願いします*
  ↓   ↓   ↓







by chi-mamapan | 2016-12-11 07:05 | レッスン風景 | Comments(0)